オンラインキッズ

子を持つ親の 為の"親”役立ちサイト (0歳~18歳)

子供の足の裏のイボを市販薬で治す!

ウイルス性イボの病院治療(尋常性疣贅)

2017/07/31

sad948

痛くないのかな?子どもの足の裏のイボ 病院治療

尋常性疣贅の治療法は一般的に液体窒素慮法(凍結法)が多く、それでも完治しない場合にはイボ剝ぎ法・レーザー法などの治療に法に移行します。
凍結法の場合には単一で行うより、その他の治療法と併用して治療していく事もあり
病院によって独自の治療法が存在します。

例えば、凍結法で液体窒素を使用する際に多くの病院では、綿球法という治療法を行いますが
(綿球法…液体窒素を綿に含ませ、イボがある部位に押し当て凍結させる方法)
病院によっては凍結スプレー法という治療の仕方もあります。
(スプレー法…液体窒素が入ったスプレーを使用し、イボのある部位にそのまま液体を散布する方法)

スプレー法は綿球法に比べて凍結度が高く、治療効果も高いと言われていますが
どこの病院でも行っているわけではないので、この治療法を受けたい場合には
病院に電話で問い合わせをしてみましょう。

またレーザー法の場合には、炭酸ガスレーザーといわれる治療器を使用して行います。
この治療法では尋常性疣贅がある部位に当てて、削り取りますが
麻酔を使用して行うので痛みなく治療を受ける事が出来ます。
(治療後のは痛みは出ます)

レーザー治療の最終段階では、イボの部分を削り取りその部分を剥がして塗り薬を塗って終了になります。

子どもの足の裏のイボは気をつければ大丈夫

尋常性疣贅は特にウイルスに感染して起こるイボなので、免疫力の低下を招かないように
免疫向上治療(食事改善の指示や局所免疫向上の治療など)を受ける事もあります。
イボの病院治療と聞くと、かなり痛みに耐えなければならないと考えがちですが
恐怖心が強ければ、麻酔なども考慮してくれる病院も今では多くなったので
治療を受ける前の診察段階で相談してみるようにしましょう。

-子供の足の裏のイボを市販薬で治す!